教えて!外壁塗装
  • 外壁塗装とは
  • 塗料の種類
  • 料金相場
  • トラブル
  • 塗替えチェック
  • 業者選び

これから紹介するような項目に当て嵌まるようならば外壁塗装塗替えのサイン。要チェックしましょう!

このエントリーをはてなブックマークに追加
塗替えチェック

外壁塗装塗替えチェック

外壁にあらわれる塗り替えサインに注意しましょう。

プロでない私たちが外壁の異状を見つけ出すのはむずかしいことですし、それがどれほど急を要する事態なのかを診断するのはさらに困難なことです。
そこで一般的な塗り替えの目安と、塗り替えのサインについて基本的な知識を習得しておきましょう。

立地環境や種々のアクシデントによって塗り替えの目安は変化しますから、基本的には"塗装工事が必要となるサイン"を見逃さないようにすることが大事です。

《塗り替えサイン1》 白い粉が噴くチョーキング

外壁の塗り替えサインで良く見受けられるのが、「チョーキング(白亜化)」といって、白い粉が噴いたようになる状態です。 指の腹で軽くこすると白い粉が指先に付着します。外壁表面が劣化している恐れがあります。

指先に白い粉がつくチョーキング現象が出たら要注意。
◆プロによる外壁診断を行って、下地処理からの塗り替えを実施。

《塗り替えサイン2》 藻やコケの繁殖

タイルのメジやモルタル、木質壁面に藻やコケが繁殖している場合があります。

外壁が外気を吸収して、とくに梅雨どきなどの湿気を多量に含むことで藻やコケの温床になっています。
放置しておくと建物全体に湿気がまわります。

外壁に藻やコケの繁殖をみつけたら要注意。
◆防湿・防水加工などの下地処理、塗料の検討・最適化を検討。

《塗り替えサイン3》 亀裂・ひび割れ

経年による劣化や「異常気象・天候不順な」どが重なって、外壁表面に「亀裂・ひび割れ」が起こるケースです。経年変化ばかりではなく、地震による建物の歪み、地盤の軟弱化・液状化などから起きている場合もあります。

亀裂・ひび割れを見つけたら要注意。応急処置の必要性もあり。
◆劣化の度合いによっては外壁改修・内壁診断も。塗料の再検討・塗り替えの実施。

《塗り替えサイン4》 塗膜の膨れ上がり

外壁表面の塗膜が、ヤケドをしたときのように膨れ上がっていることがあります。

塗膜自体が劣化し、気温の変化などに耐力をなくしていることが考えられます。
現象は1カ所でも、劣化は全体にありますから注意が必要です。

塗膜の膨れ上がりを発見したら要注意。
◆プロによる外壁診断の後、場合によっては外壁の改修・塗料の再検討も。

《塗り替えサイン5》 シーリング部の劣化

外壁には防水加工が施されていますが、そのときに用いられるコーキング材など、シーリング部が全般的に耐力低下をしています。
放置しておくとシーリング部分から雨水や湿気が浸入し、建物全体の腐食を早めます。

防水加工部分・シーリング部の劣化を見つけたら要注意。
◆プロによる原因の究明、シーリングの再施工、外壁塗料の塗り替えを実施。

《塗り替えサイン6》塗り替えサイン6 鉄部のサビ

一部または全体に鉄材をあしらった外壁では、その鉄部にサビが生じている場合があります。
目視で発見できるのは表面的な部位ですが、死角になっているカ所や内部にもサビがまわっている可能性があります。

鉄部のサビを見つけたら要注意。
◆立地環境・築年数、鉄素材の確認。下地処理、塗料の最適化と塗り替え。

《塗り替えサイン7》 木質外壁の塗装の剥がれ・破損

木質外壁は湿気や日照など外気の変化には耐力がありますが、10年~20年経つと劣化が目立ちはじめます。
とくに台風・暴風雨などで剥がれ・破損が生じた場合は、劣化を食い止めるための応急処置も必要になります。

塗膜の剥がれ・破損発見したら要注意。応急処置の必要性もあり。
◆プロによる外壁診断の後、外壁の改修・応急処置を含む塗料の再検討から。

■一般的な塗り替えの適齢期

  1. 〈3年~5年〉木質部分や鉄の部分を合成樹脂などの調合ペイントで塗装した場合
  2. 〈4年~7年〉アクリル系塗料によるペインティングを施した場合
  3. 〈7年~10年〉ウレタン系塗装を施した場合
  4. 〈8年~15年〉シリコン系の塗装を施した場合
  5. 〈12年~20年〉フッ素系塗装を施した場合
  6. 〈10年~12年〉遮熱塗装を施した場合
  7. 〈20年〉光触媒塗装を施した場合
喜ぶペンキング。あきれた感じのりょーこさん
このエントリーをはてなブックマークに追加