ひざサポートコラーゲンを摂取して膝関節痛の改善は期待できる?

by ,

ひざサポートコラーゲンを摂取したからといって、それで膝関節痛が緩和されるかどうかには個人差があります。

また医薬品ではないので即効性はありません。

その辺のお話しをしておきましょう。

■減ってしまった軟骨成分を補うためのサプリ。

最初にお話ししておきたいことがあります。

それは、ひざサポートコラーゲンは、医者が処方してくれるような治療薬ではないこと、予防薬ではないということです。

ひざサポートコラーゲンは、女性の大半が50才を境に半減させてしまう軟骨成分、コラーゲンペプチドを補うためにつくられたものです。

多くの膝関節痛はそのコラーゲンペプチドの減少が引き金になっています。

しかし即効性はないので摂取すればすべての人に効果があるかと言えば、そうではありません。

■ひざサポートコラーゲンへの過度な依存。

ひざサポートコラーゲンは減少したコラーゲンペプチドを復元させる役目を担っていますが、治療薬ではないので、それで膝関節痛が治るというものではありません。

また治ると勘違いして本品に依存しすぎると、医者への足が遠のくため返って悪化させることもあります。

まずクリニックに行って、痛みの原因を特定してもらい、正しい措置を講じてもらうことです。

治療とひざサポートコラーゲンは、切り離して考えるべきです。

■変形性膝関節症などは、医師の診断と措置がなければ治りません。

ひざサポートコラーゲンを摂取するのはその後からです。

先にお話ししたように、ひざサポートコラーゲンは軟骨成分を補うもので、治療はできません。

痛みや不自由があるなら、クリニックに行くことを優先させてください。

ひざサポートコラーゲンは、痛みがない人が用いる補助的な食品です。