ひざサポートコラーゲンの「摂取量のめやす」、それ以上摂ると?

by ,

ひざサポートコラーゲンは過剰摂取を避けるため、専用スプーンを使って管理できるようになっています。

適量と過剰摂取についてお話ししましょう。

■摂取のめやすは専用スプーンで1日2杯。

ひざサポートコラーゲンは、1日の摂取量のめやすとして、商品に添付されている専用スプーン2杯(5グラム)としています。

ひざサポートコラーゲンの有効成分であるコラーゲンペプチドはたんぱく質の一種で、これを多量に摂取しつづけると、尿路結石や血行不順による冷え性になることもあります。

また多量に飲んだから、膝関節の痛みが早く軽減したり、曲げ伸ばしの不自由が早く緩和したりするかといえば、そうではありません。

過量に摂取すれば副作用が出る可能性があります。

■いまのところ健康被害の報告はナシ。

ひざサポートコラーゲンは“コラーゲン健康食品”としてすでに発売以来3,000万袋を売り上げる人気商品ですが、いまのところ尿路結石や冷え性などの健康被害は報告されていません。

よくあるのは、ジュースやお茶、コーヒーなど何にでも入れて摂取できるため、無意識のうちに回数が多くなり、気がついたときには消費のペースがあがっていたというケースです。

■無香料・無着色・保存料不使用のため、料理に加えても味を邪魔することはありません。

その良さが裏目に出ると、知らずに過剰摂取することもあります。

ひざサポートコラーゲンはナノレベルの非常に吸収力のある粉末になっています。

無香料であるため料理の献立に使っても支障ありません。

しかしあまり用途を広げると、過剰摂取になるので気を付けましょう。