ひざサポートコラーゲンは良く効くと噂ですが…

サプリメントの愛用者は多数に及びますが、実のところ効くという根拠が示されていないものが多いです。

その中でひざサポートコラーゲンは科学的な根拠を示し説明することが可能とされている商品です。

概略をお話ししましょう。

■機能性表示食品の果たす役割とは。

ひざサポートコラーゲンは機能性表示食品の認定を受けています。

これまで、ひざサポートコラーゲンのような成分を含んだ製品は、健康食品やサプリメントとしての位置づけがされ、実効性の根拠が曖昧であったことから、その効果を説明することも許されていませんでした。

しかし機能性表示食品という新しい枠が設けられたことで、“効く”という根拠を消費者に説明ができるようになりました。

■機能性表示食品によって明らかになる証拠。

機能性表示食品は、ひざサポートコラーゲンのようなメーカーが自主的に消費者庁に届け出を行い、その時点で“提出書類に示された科学的なデータの裏付けに間違いがない”とされれば認可されるものです。

厚生労働省や消費者庁が直接的に検査を行って許認可を下す製品とは違いますが、それに準ずると言って良いほど確かなものです。

提出書類は多岐にわたり、そこに示された科学的なデータは、極秘裏に第三者の化学者チームによって検証されます。

■機能性表示食品の良い点は、認可に至った科学的な根拠・データを使って、消費者に説明できることです。

ひざサポートコラーゲンの科学的なデータは同社のホームページに詳しく記載されています。

その中には臨床データ(人を使った実験)も含まれており、本品を使用した場合とそうでない場合の違いも示されています。

少なくても消費者が自ら確認でき、根拠のないものをやみくもに信じるというような危険は回避できます。